競売代行サービスとは

ここまで読んできて、やはり競売物件に手を出すのは難しい、面倒くさいと感じた方も多いかと思います。しかし、現在、不動産競売を行う際、手間のかかる手続きや一般人には煩わしい法的手続きなどを代行する競売代行サービスがあります。気になる物件があるのに、多忙を理由に参加できなかったという方でも代行サービスを利用することによって、比較的簡単に手を出せるようになってきました。

仙台 競売

それでは競売代行サービスが執り行う、具体的な仕事の流れについて見てみましょう。
まずは、我々申込者のほうから、競売代行サービス業者へ連絡を取らなければなりません。最近ではインターネットでの申し込みを受諾する業者が増えてきました。もちろん、安心のために、直接店舗や事務所などに足を運んでも良いでしょう。

桃源郷 楽天市場店 人気家電から雑貨までおもしろ商品が何でも揃う!

次に、競売代行サービス業者から、要望に合致した競売物件に関する情報や資料が送られてきます。もし、その中で希望する競売物件があったならば、競売代行サービス業者と競売代行契約を締結することになります。この段階で、費用が発生し、代行サービス業者に手数料を支払うことになります。

リ・ミックスオークションハウス|無料オンラインゲーム・ブラウザゲームはゲーマーズワン

競売代行サービス業者は、申込者に代わり、現地に赴き物件の調査を綿密におこないます。この作業が競売代行サービス業者の善し悪しの判断になります。不動産の購入は非常に大きな買い物ですので、信頼できる業者を選びたいものです。

さて、現地で調査を終えた競売代行サービス業者は、申込者の予算を考慮し、その上で入札をおこないます。入札保証金も必要になりますので、その振り込みも代行します。

この段階では、裁判所を相手に様々な諸手続が必要になりますが、それらもすべて業者が代行してくれます。
さて、その後、競売の期間が終了し、開札日を迎えます。当日は開札場へ行き、開札結果を我々申込者に報告します。このとき落札できていたならば、申込者は成功報酬を支払い、調査に要した実費も支払うことになります。
売却代金納付期限があらかじめ定まっていますので、代行業者は代金と登録免許税の支払いをおこないます。所有権移転・担保権抹消の登記を代行し、登記費用を支払います。

また、万一占有者がいる場合は、申込者と代行業者の間で、立ち退き交渉や法的手続きを代行してもらうかの話し合いを持つことになります。もっとも事前の調査で判明しますのであまりそういったケースは無いようです。このように競売代行サービス業者は、競売に関するほとんどの諸手続を代行してくれます。当然、ある程度の費用がかかるものの、とても便利なサービスには違いありませんので、信頼できそうな代行業者が見つかれば利用してみてもよいのではないのでしょうか。